脱毛はレーザーが確実に効果があることは、わかっているが後遺症や副作用がきになる方のための参考サイト
比較的副作用が少ないと言われているレーザー脱毛ですが、やはり効果が高いのですから、後遺症というと大げさですが、副作用があって当然でしょう。
よく知られているのは、ヤケドですが、これはレーザー脱毛器の施術出力が高すぎることが原因として挙げられますが、他にも何か症状はあるのでしょうか?
その場ですぐに出る症状を副作用と言うとすれば、何年後かに症状が出る場合も考えられ、そのことを後遺症と呼ぶのかもしれません。
その後遺症として考えられるのが、乾燥肌です。
「それって単に老化現象なのでは?」と思われてしまいますが、全く関係ないとは言えないでしょう。
しかし、施術後何年も経っても、全く症状が出ないという人もいますので、全ての人にあるというのは言えませんが、人によっては体質的に何かしらの症状が出ても、不思議ではないのです。
その理由としては、レーザー脱毛はとても効果が高いということですが、特殊光を当てることで、黒い毛に反応し、毛根から破壊していく方法で、その光のパワーは強く、熱を持ってくるので、当然肌にとっては良くないのです。
その状態を何回かの施術で行っていけば、当然肌はますますダメージを受けていくのです。
すぐに出る症状もあれば、体質によって、数年後に現れる症状もありますので、十分注意して施術を受けてください。
特に脱毛後は、肌は熱を持ち、とてもデリケートな状態なので、十分患部を冷やしておくことも忘れないでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.